日常英会話に必要なフレーズの数は?

日常英会話をマスターしたい人にとって、
それに達するために必要な単語やフレーズの数は気になるところでしょう。

 

 

 

海外旅行>

 

結論から言えば、それは多ければ多いほど望ましいとしか表現できません。
というのも、その日常英会話をどこで話すか、
誰と話すかによって全く異なるからです。

 

 

 

強いて目安として単語数を挙げるとするならば、
日本人同士で話をする程度ならば最低で2000〜3000語、
外国人と話すなら最低でも5000語以上は必要になります。

 

 

 

これがネイティブスピーカーと話すとなれば、
途端にその数は10000〜20000語に増えるので、
身に付ける数に限界を作らずに覚えることが大切です。

 

 

 

では、フレーズ数はどうかといえば、これは数え方の概念を知る必要があります。
たとえば、Have you ever been to〜?というフレーズを例にとると、
これの最後にJapanやAmericaなどの場所が入ってきます。

 

 

 

ここで、Have you ever been to Japan?と、Have you ever been to America?という2つの文章を別々に数えると、
国や場所の数だけ、このフレーズの数が存在することになります。
そのため、普通はHave you ever been to〜?を1個と捉え、後はこれに場所を当てはめるという考え方になります。

 

 

 

したがって、ある種の決まり文句のようなフレーズを何個か覚えておいて、
これらに異なる単語を当てはめるだけで日常英会話が成り立つと考えれば、
覚える数は単語よりも遥かに少ないと言えるでしょう。

 

 

 

ネイティブと英会話

 

「英語ぺらぺら君」はこの考え方に基づいて、日常の会話の中で使われる可能性が高く
しかも単語の入れ替えることで応用力が広がっていくフレーズを覚えていくことになります。
このことから、こちらも覚えれば覚えるほど会話のバリエーションが広がると言えます。

 

 

 

英語ぺらぺら君」には「初級編」と「中級編」がありますが、
その違いは極端な英語力のレベルの違いということではなく、
同じ30日の中でも、中級の方が覚えるフレーズの数が多少多くなったり、
より応用化効きやすい「英語らしい」フレーズを覚えていく、という違いになります。
※その違いは次のページで詳しくご確認ください。

 

 

 

近年では、世界のグローバル化が急速に発展している影響から、日本国内においても英語の重要性が高まってきています。
そのため、英語を学ぶための市販の教材も様々な種類が販売されており、
学習者はそれらから自分に合うものを取捨選択しなければなりません。

 

 

 

その際のポイントとしては、英語をじっくり学ぶか、
それとも日常英会話の最低限を出来るだけ最短で学ぶのかなど、学習目標を明確にすることです。
これは、覚えるべき単語数などに大きな影響を及ぼすからであり、効率性や確実性にも繋がります。

 

 

 

たとえば、多くのバリエーションが載っていて数が多い教材と、
必要最低限でよく使われる英語のみが載ったシンプルなものなど様々な種類が存在します。
自分が覚えなければ数を目安として知っておき、最も適したものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

「英語ぺらぺら君」は、もちろん後者に相当する教材ですが、
まずは「中学英語の知識でも、ちゃんとネイティブに通じる英会話力を身につけたい」というビギナーには
もっとも取り組みやすい教材のひとつだと感じました。

page top